京都の地域活性 高齢者活動を応援します。
京都SKYセンターブログ SKYのあんなことこんなこと
京都スカイセンター > 京都SKYセンターブログ SKYのあんなことこんなこと > 「2月の練習課題曲」&「第30回カラオケ発表会」のご案内

最近の記事

カテゴリー

2016年02月02日

京都SKY男性・女性カラオケ同好会

「2月の練習課題曲」&「第30回カラオケ発表会」のご案内

「2月の練習課題曲」「第30回男女合同カラオケ発表会」のご案内をいたしま~す!

明日に節分を迎え、寒い日々の中、水仙が美しく咲いております。春を待ち望み、ぽっちり咲いた紅梅の一輪に夢を託します。寒さにめげず、皆様、元気に練習に励んでおります。2月の練習課題曲と発表会のご案内をいたします。

2月の練習課題曲のご案内

女性の練習課題曲:

「冬の月」(川野夏美) 愛してはいけない人を愛してしまったヒロインと、ここまではよくある設定ですが、この歌の主人公は、身を引かないという道を選ぶ。「私はこの恋に生きると決めたので、あなたも過去を捨てて」と迫る。冷たい「冬の月」と、ヒロインの燃える情念の対比が映えて美しい。覚悟を決めてこの恋に命をかける思いを、後半、女心をのせて、声をよく伸ばして歌います。

「2時間だけのルージュ」 (チェウニ) ポップス ルージュという言葉が印象的。愛する男性と会えるのは2時間しかないと主人公。彼に会うために口紅をつけていくという意味もあるだろうし、愛しあうことで彼が好む色に染まりたいという願望もあるに違いない。今この瞬間を愛に生きる心を艶っぽく表現した作品。すべてを懸けて恋に生きたい女の情恋歌。軽快なリズムが魅力的です。

            練習女性2 1512.jpg 練習女性11512.jpg

男性の練習課題曲:

「男の桟橋」 (大川栄策) タイトルに桟橋とあるが、実際に主人公がいるのは酒場で、その酒場を船着場に例えた描写。別れた女性への未練と、自分の身勝手を悔いる気持ちを抱えて酒をのむ姿が綴られている。明るいテンポのある楽曲で、小気味の良いコブシと流れが魅力的です。

「蛍子」 (山川豊) 苦労を背負った女の肩を優しく抱きしめ、幸せを誓う男の情恋歌。いつか夢をかなえたいと、手をとりあって歩む男女。女性の存在そのものが、希望の光となり、前途を照らしている。ゆったりとしたリズム感と情感で甘く歌います。

「とまり木夢灯り」 (香西かおり) 人気の楽曲なので男性にもご紹介をいたします。香西かおりとレーモンド松屋の初コラボの作品。恋に破れた女性の悲しい心の内を綿々と吐露するように、ムーディに歌います。

            練習男性11512.jpg 練習男性21512.jpg

「第30回男女合同カラオケ発表会のご案内

来る2月26日(金)午後、JOYSOUND久世店において、「第30回男女合同カラオケ発表会」を開催いたします。課題曲の中から自分の好きな楽曲を選び、練習を重ね、全員が一堂に会し、自分の歌を披露すると共に、皆様の歌に耳を傾けて、午後のひと時をみんなで楽しみます。

サークル案内の詳細はホームページ

http://www.geocities.jp/skykaypu101/ 連絡は荒居まで(℡ 070-5435-2857)

 

最近の記事に戻る

Copyright(c)京都SKYセンター .All rights reserved.