京都の地域活性 高齢者活動を応援します。
京都SKYセンターブログ SKYのあんなことこんなこと
京都スカイセンター > 京都SKYセンターブログ SKYのあんなことこんなこと > 落柿舎とあだし野の念仏寺

最近の記事

カテゴリー

2012年12月29日

落柿舎とあだし野の念仏寺

右京区の落柿舎と あだし野の念仏寺へ吟行に行きました、

落柿舎は芭蕉の門下の向井去来が住んでいた家です、

去来は武士を捨て芭蕉の門下になったと 言う事です、

武人捨て落柿舎に吹く空風よ

 

vあだし野 001.jpg獅子おどし水満つる間に時雨けり

 

vあだし野 002.jpg次にあだし野の念仏寺へ行きました、雪が降る日で一段と

わびしく なりました、ここは なくなった人を捨てる風葬の所でした、

約8000体の石仏が並んでいます、

北風や千体地蔵の頭かな

冬深し偲びの霊の念仏寺

 

 

vあだし野 004.jpgvあだし野 003.jpg  vあだし野 005.jpg 上の写真は貝駕籠と言って乗るところが60センチ位で

江戸時代の駕籠です、

 

      12月の季語

年の暮 師走 時雨 北風 空風 短日 冬深し 天皇誕生日

山眠る 隙間風 霜  枯野 大根焚

 

      12月の句会の お句

躙口落しの音に野分け断つ

はんなりの茶室の軒の吊し柿

活力のプラグは背中日向ぼこ

散りてこそ黄金放つ公孫樹かな

手をあぶること初めての子の火鉢

小夜時雨 日付変われる黙(しじま)かな

蟹鍋に声奪われし忘年会

心電図 肌に冷たく冬に入る

花の名を知らずに見入る帰り花

 

 

 

 

 

 

       

 

 

 

最近の記事に戻る

Copyright(c)京都SKYセンター .All rights reserved.