京都の地域活性 高齢者活動を応援します。
京都SKYセンターブログ SKYのあんなことこんなこと
京都スカイセンター > 京都SKYセンターブログ SKYのあんなことこんなこと > 色づき始めた街路樹を見ながらウオーキング

最近の記事

カテゴリー

2020年11月07日

SKYノルディックウオーキング

色づき始めた街路樹を見ながらウオーキング

 御池通りや堀川通りの桜やイチョウが色づき始め、秋の深まりを感じながら歩きました。

Fさんから「SKY11月号」に掲載されていた「知る人ぞ知る秋の絶景」の慧光寺へ行こうと声をかけてもらいました。

今日のコースは運よく近くを歩く予定になっていたので、少し足を延ばすことにしました。

浄福寺あたりと聞いたので、およその見当をつけて行き、目指すお寺にたどり着くと、

目の前にイチョウの大木が飛び込んできました。

まだ木の一番上が少し黄葉していただけでしたが、

大木の存在感は「半端ない」という言葉がぴったりでした。

「SKY11月号」によると、樹高20M、幹回り4M、落葉の時季には木の周囲がイチョウの葉が敷き詰められたようになるそうです。

1ヶ月後に再び訪れて、落葉後、境内一面に敷き詰められた状態を見てみたいものです。

慧光寺の向かいの浄福寺はよく知っていたのですが、真向かいにこんな有名なお寺があることは知らなかったので、

また一つ楽しみが増えました。

これからは一段と寒くなってきます。コロナもジワリ感染が広がったいますので、三蜜を避けて感染予防に努めてください。

                                              文責(弓削俊彬)

最近の記事に戻る

Copyright(c)京都SKYセンター .All rights reserved.