京都の地域活性 高齢者活動を応援します。
京都SKYセンターブログ SKYのあんなことこんなこと
京都スカイセンター > 京都SKYセンターブログ SKYのあんなことこんなこと > 12月例会 山紫水明処見学

最近の記事

カテゴリー

2016年12月06日

SKY歴史探訪クラブ洛悠会

12月例会 山紫水明処見学

  12月5日 12月にしては寒さを忘れるぐらいの天気に
 恵まれ、こんな所に有ったかな?と思いながら集合地に向い
 ました。京都独特の長い路地奥に有りました。

   頼山陽書斎、山紫水明処
  
苔むした小さな庭の奥に小さな茅葺の庵がありました。
  名残の紅葉のモミジと千両の紅が鮮やかな飛び石つたい
 に案内され、四畳半、二畳しかない狭い部屋へ全員お邪魔し
 しました。
  上月様のご案内で説明を賜りました。まずは頼山陽の人物像
 からですが、歴史家、思想家、漢詩人、文人と幅広く活躍されて
 いたのですが、その業績は勉強不足で即理解出来ずでした。
  「鞭声粛々夜声渡る」の川中島合戦の作者と聞き一挙に親しみ
 を感じました。
  建物にも頼山陽のこだわりが多々あり、その建材や工法の
 駆使にはおどきました。
  狭い部屋からギヤマンガラスを通し東山、遠くに比叡、まじかに
 鴨川の風景が見られ、ビルや自動車のない当時を回顧しつつ、
 晩秋の風景を楽しむことが出来ました。

  P1001.jpg

  P1002.jpg

  P1003.jpg

  P1004.jpg

  次回1月はわら天神宮へ初詣と新年会「しょうざん」です。

  

   
 

最近の記事に戻る

Copyright(c)京都SKYセンター .All rights reserved.