京都の地域活性 高齢者活動を応援します。
京都SKYセンターブログ SKYのあんなことこんなこと
京都スカイセンター > 京都SKYセンターブログ SKYのあんなことこんなこと > 「6月の練習課題曲」のご案内

最近の記事

カテゴリー

2017年06月18日

京都SKY男性・女性カラオケ同好会

「6月の練習課題曲」のご案内

「6月の練習課題曲」のご案内

6月に入り、紫陽花が美しく咲く季節を迎えております。京都SKY女性カラオケ同好会と、京都SKY男性カラオケ同好会の「6月の練習課題曲」のご案内をいたします。

京都SKY女性カラオケ同好会の練習課題曲:

「肱川あらし」 (伍代夏子) 船村徹氏の遺作。"肱川あらし"とは、愛媛・肱川上流の大洲盆地で発生した霧が川を下り、河口を包む現象。先の見えない恋をする女性の心情が、濃い霧の風景に重ね合わせて、切々と描かれている。16分音符を流れるように、たっぷりと、丁寧に歌います。

「オホーツク海岸」 (川野夏美) 過去の恋と決別すべく、北へ向かう主人公。相手を心底愛しながらも、あなたはあなたの道を歩いて...と告げる。そして、私もあの日の夢を追うと決意する。たたみかけるような3連のリズムが主人公の気持ちを表す。山あり谷ありの変化を考えながら、ドラマチックに歌います。

「北の絶唱」 (岩本公水)(紹介曲) 月2回の練習になったので、課題曲は2曲とし、人気のある楽曲を、お好きな方々に軽く紹介することに致します。ヒロインが失ったのは、全てを懸けた恋、いつ終わるかも知れぬ旅をしに一人、北へ向かう。燃える思いを断ち切れず、苦しむ様子が伝わる作品。

練習女性06.jpg京都SKY男性カラオケ同好会の練習課題曲:

「霧笛の酒場」 (北山たけし) ジャズ風の楽曲。雰囲気を大切に歌います。去って行った大切な人を思い、夜霧に霞む港町を行く男の物語。どこにいるのか、もう一度逢いたい、酔うほどに恋しい...と歌う。全体に温かさを出して歌います。

「おまえの涙」 (鏡五郎) 長らく人生を共にしてきたが、いつも"おまえ"の優しさに助けられ、笑顔に癒されてきた。これからも一緒にいてほしいと愛する人に感謝の思いを伝える男性の心情を温かく、優しさ溢れる声で歌われている。歌手人生50年の年輪を感じさせる作品。

「お行きなさい」 (内田あかり)(紹介曲) ポップス。愛する男性に私のことは心配ないから、彼女の所へ行きなさいと告げる女性。心の痛みを隠し、笑顔で告げる悲しい別れ、"愛すればこそ...と。8ビートに乗って、スケール感を出して歌う。人の心を打つ作品。

練習男性06.jpgサークル紹介はホームページ

http://www.geocities.jp/skykayou101/ 連絡は荒居まで(070-5435-2857)

最近の記事に戻る

Copyright(c)京都SKYセンター .All rights reserved.